ポジ☆ほのねっと お問合わせ
HOME
PROFILE
POEM
Gallery1
Gallery2
VOICE
LINK

What'sポジ☆ほの?始まりの物語お仕事紹介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  始まりの物語  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

( 第2話 )

☆。.:*:.::・'゜☆。.:*:.::・'゜☆。.:*:.::・'゜☆


スピコンという展示即売イベントに初めて参加した、私と同僚のみゆさん。

始めの数時間は、会社のひとたちの面白話などでおしゃべりに盛り上がりながら制作していましたが
次第に疲れのいろが濃くなってきました。

考えてみれば、こんなに何時間もモノを創り続けることって、そうあるものではないです。
お昼も食べずに。
「なんか、これって修行ってかんじ、、、じゃない?」
「う、うん。。」

机の上の商品が順調に増えていく一方で
それに反比例するように私たちのスタミナと気力は、下降線の一途をたどっていました。

イベントの終了時刻まであと1時間を切ったころには、とうとう
私の創るハガキのメッセージも『おつかれさま』という自分に向けたものになっていて、、。
(ちなみに、このカードは記念にみゆさんにあげましたが)

ふたりともが、「初戦敗退かぁ、、」とあきらめムードになっていた、そのとき。

ある親子連れの女性が声をかけてきました。

「あの、これはいくらですか?」

お嬢さんらしき女の子とふたりで、みゆさんのアクセサリーを真剣に見つめています。

(!!!) 突如現れたお客さまにコーフンしながらも、接客モードを即効オンにするふたり。

「あっえーと、コチラは○○○○エンです!」
「よろしかったら、ぜひどうぞどうぞ〜!」

お客さまは

「そうね。素敵ねぇ。  
 、、、ねぇ、○○ちゃんとお揃いでさぁ、これどうかな?」

隣のお嬢さんに話し掛けつつ、検討に入っている様子。

結局、ご自分とお嬢さん、そしてあと一緒には来ていなかったと思われる姉妹の方のぶんと合わせて
みっつ!! のアクセサリーを購入してくださいました。

「ありがとうございまーす!」(やたっ)
「ありがとうございますっ」(やったねーっ!売れたぞお!)

始めての成果を噛みしめながら、「商品が売れた!」という感動と喜びを分かち合いました。

みゆさんのが売れてウレシイ!よかった!(私も思わず売り子業にチカラが入ったよ)
みゆさんが売れただけでも、いいじゃないか。。

個人戦は初戦敗退?

そんな思いに包まれる私を見兼ねてか、その日SHIONさんのお手伝いで来ていた
ワークショップランドのChieさんがある提案をしてくれました。

「もうすぐ母の日だから、母の日カードを創ってみたらどうかな?」

なるほど!
作家とはいえ、こういう場ではお客さまのニーズも大事です。
Chieさんの提案にヒザをうち、早速「母の日カード」を創ることに。

こうして出来上がったのが『いつもどうもありがとう』のカードでした。

これ、描いたときは『お母さん いつもどうもありがとう』だったのです。
母の日仕様だったのですよね。
(このネタは当サイトのギャラリー解説にも出ています。)

その頃、商品は10種類くらいが揃っていました。
母の日カードも描いたし! やることはやった! あとはもうしょうがないや。
初戦敗退でも経験が大事。 また作戦を練って出直せばいいもんね!

終了時刻も近付き、周りのブースも片付けをし始めていたので
「私らもそろそろ片づけよっか」
「そだね〜」 と、画材をしまい始めたそのとき。

ツキの天使が目の前にあらわれた?!!

☆。.:*:.::・'゜☆。.:*:.::・'゜☆。.:*:.::・'゜☆

 

前へもどる<   ポジ☆ほのねっとTOP   >つづきを読む

copyright (c) 2004 Terumi Shibata All Rights Reserved. 禁無断転載